FC2ブログ


医師&看護師、飲み会の行動で真実を語る?


千葉で暮らしてた頃のハナシで、もう5年以上前のこと…

当時、近所に住む数歳年下の看護師さんと仲良くなって、何度かランチしたのね。

当時やってた(今はやってない)mixiで知り合い、意気投合した人だった。

彼女は、たまたま私が通院していた大きめのクリニックに勤務していて、医師&看護師の忘年会状況を話してくれたの。

支払いはクリニックで、かなり良い店に連れて行ってもらったようだけど…


喜んであれこれ食べてたのは看護師たちで、医師たちはほとんど食べなかったらしいんだよね。

ある程度は食べてたんだろうけど、彼女の目から見れば「(看護師たちと比較すると)先生たち、全然食べないんだよね~」とのことでした。

特に、糖質には箸をつけなかったらしい。

当時の私は、まだ糖尿型ではなくて家族性高コレステロールで通院してたんだけど、このクリニックの医師たち、専門は糖尿なんだよね。

彼女のハナシによれば、患者たちには食品交換表を基本とした指導をしてたようだけど、自分たちは食べないわけよ。

そして、食事量も少なめ…


彼女は何も気にしていなかったようだけど、これを聞かされた私は、「正解は、ここにありなの?」と、ずっと思ってはいたんだ。

当時から境界型で、血糖値も気になってたしね。

やはり、『正解は、ここにあり』だったのだと思う…

それぞれ違う考え方を持った医療のプロ数人だけど、『糖質はパス、大食はしない…』という部分だけは、見事に一致していたようだから。


私の場合、大食ではないから、この部分は改善の必要はなかった。

問題は糖質だけど、とにかく好きなので、色々な言い訳や他の考え方を見つけては、そちらを優先してしまっていた。

やらなければいけないことだったのにね…@糖質制限

やらなければいけなかったことは、スーパー糖質制限ではなく、発病しない程度の糖質制限でよかったんだけど…

制限してた期間もあったけど、続けられなかった。

空腹時と食後の数値差が大きい危険なタイプだから、だいぶ血管を痛めつけてきただろうと思う。


ゆるめの制限でもいいから、今度こそ継続しなきゃ(-ω-)

ただ、糖質を否定するようなことはしたくない。

今、江部先生の本を読んでるけど、この人は糖質=悪という考え方がすごく強いね。

参考になる部分はあるけど、私とはちょっと合わないかな;

あれこれ試行錯誤しながら、自分のコントロール方法を確立させていきます。
2020_07_06

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

こいん

Author:こいん
夫婦二人暮らしの熟年専業主婦。

趣味は『株の短期売買、ネット徘徊、読書、わんこ手作り食』

大事なものは『わんこ含む家族』

小さな幸せをいっぱい感じられるような心になりたい。

熟年~老年は、のんびり平穏に暮らしたい。

説教も忠告も叱咤激励も嫌いで、向上心はありません。

『空、海、風』を感じさせるような人が好きです。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

フリーエリア




page
top