FC2ブログ



ん~… やっぱり、美味しくない。

スーパーで買ってる低糖質食パン、なんかボソボソしてて… 

3枚入りで138円というお手頃価格なので何度か買ったんだけど、もう止めよう。

旦那さんにも同じパンを食べさせてるんだけど、我慢して食べてるような気配が(;´Д`)

美味しい低糖質は◎だけど、美味しくない低糖質は×だわ。

食べたくない食品を買い続けるっていうのは、どう考えても違うよね;;

今のところ【一日100g程度の糖質はOK】ということでやってるんだから、もう少し上手く組み合わせなきゃなぁ(´・ω・)


朝ごはん
枝豆(茶豆)サラダ、コーヒー
サラダにかけるのは、いつもミツカンの柚子ぽんか、セブンの和風たまねぎドレッシング(カロリー30%カット)
好きなんだよね~;
少々の糖質は、どうでもいいです。
IMG_E0961[1]

低糖質食パンのトースト(糖質 13.4g)、マヨ卵
IMG_E0962[1]


昼ごはん
冷凍食品を引っ張りだして…
IMG_E0965[1]

これ3個で糖質 8.4g、キウイヨーグルト
IMG_E0966[1]

豆腐とミックスビーンズのサラダ(柚子ぽん)、ミニクロワッサン(糖質 9g)
IMG_E0964[1]
糖質量が少ないもの、糖質量が分からないものは、数字を記入していません。


おやつ
キットカットゆず抹茶(2個で、糖質 14.6g)、コーヒー
IMG_E0968[1]


夜ごはん
期限が近づいてきた非常食を消費…
IMG_E0969[1]

糖質は24g、それほど多くないはずだけど…
IMG_E0971[1]

見た目はコレだけど、けっこう美味しいんですよ。
糖質制限と関係ない人には、非常食としてお勧めします。
小豆がゆ、刺身こんにゃく
IMG_E0972[1]

カラスガレイの煮付け、オクラとミニトマト、大根と新玉葱の味噌汁
IMG_E0974[1]


佐賀は猛暑… 35度とか、もう勘弁してほしい( ̄д ̄;)

そうでなくとも嫌いな料理が~、更に…(-ω-)  長い時間、キッチンで火を使いたくないわよね。

今日は、旦那さんの夜ごはんも、私の夜ごはんに冷奴を足しただけ~

だるい。

くさむらで変な虫に刺されたらしく、アチコチ痒いし… (夕暮れ時刻の、わんこ散歩)


一時間値 212 爆上がりした(゚д゚)  米は怖い… また、やらかした。
静脈で測った場合でも、180を超えているのでは?
IMG_E0978[1]

二時間値 158 とりあえず、下がってきた。
カップ麺の時よりはマシか… まだ高いけどね。
カップ麺の時は、三時間値まで測って、高いままだったもんね~;
IMG_E0979[1]


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

私の母は、53歳という若さで亡くなった。

私の妹は、去年~今年にかけて53歳の日々を生きていた。

妹が何度も言っていたことは、「お母さんが死んだ年齢を、超えられる気がしない…」だった。

実は、私もそう思っていたけれど、無事に超えた。

妹も54歳になり、無事に超えた。


妹宅には、二歳になったばかりのトイプーがいる。

わんこを迎える前は、「お母さんが死んだ年齢を超えられる気がしないし、別に超えられなくてもいい」と言っていた。

現在の私とは逆で、社交的で友人が多い人間だけど、生きていく気力みたいなものは希薄だった。

それどころか、「苦しまずに死ねるなら、今すぐにでも…」と望んでいたような気配だった。

わんこを迎えてから、「このこが生きている間は、死ねない!!」と変わった。

旦那さんや成人してる娘たちが変えられなかった部分、もちろん姉の私も変えられなかった部分を、わんこが変えたようだ。


わんこがいると、家は汚れるし、子犬の時期は色々と破壊されるし、散歩は大変だし、長時間の外出もしにくいし、お金もかかる。

介護の時期は、更に大変だろう。

けれど、これらのマイナスを大きく上回るプラスがあった。

私にも妹にも、必要な存在だったのだ。

私は、毎晩きょろちゃんをだっこして寝ている。

妹も、毎晩トイプーをだっこして寝ているらしい。

わんこたちが、私と妹の心を陽が射すほうへと連れていった。

毎日たくさんの幸せをもらっている。


若い頃の友人で、「いつか死ねると分かっているから、何とか生きていられる…」と言っていた人がいた。

某雑誌のペンフレンド募集コーナーで出会い、メル友に変わり…という関係だった同い年の女性だ。

この人は、ある日ペットショップで一目惚れしたらしい猫を飼い始めてから、だいぶ変わった。

「猫がいない暮らしなんて、もう考えられない」と言い、その猫を病気で亡くしてからも、しばらくしてから新たな猫を迎えていた。

いつも「いてくれて、ありがとう…」と思っていたようだ。

当時の私はペット不可のマンションに住んでいたし、色々と大変な時期でペットどころではなかったので、あまり関心が無かったけれど…

猫たちが彼女の心を癒し、陽が射す方向へと連れていったのだろう。


犬や猫は、時に人間が出来ないようなことをする。

飼い主にとっては、そこらへんの他人より(人間より)ず~~っと大事な存在だ。

決して、人間以下の存在ではない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

こいん

Author:こいん
夫婦二人暮らしの熟年専業主婦。

趣味は『株の短期売買、ネット徘徊、読書、わんこ手作り食』

大事なものは『わんこ含む家族』

小さな幸せをいっぱい感じられるような心になりたい。

熟年~老年は、のんびり平穏に暮らしたい。

説教も忠告も叱咤激励も嫌いで、向上心はありません。

『空、海、風』を感じさせるような人が好きです。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

フリーエリア

フリーエリア




page
top