FC2ブログ



今年最後の家計簿となりました(^ω^)

今回も、部分的にしか公開しませんが…


・食費 46,475円
 夫婦二人+小型犬一匹(手作り食)
 酒代、外食代は含まず。
 先月とほぼ同じような金額になったけど、今月から旦那さんが買ってくるツマミやオヤツも含んでるの。
 それを除いて計算すれば、先月より5千円近く少ないんだけど…
 旦那さんが留守がちだったので、少なかったのかもしれない。

・日用品、雑費 3,067円
 これも少ないな…
 節約しすぎたかしら? 来月は反動で多くなるかも…

・私小遣い 13,255円
 美容院、小物、一人ランチ  

・きょろちゃん費 8,424円
 衣類、クリスマスプレゼント、食品、日用品
 トリミングサロンの予約が取れず、年末になってしまった…

・外食(夫婦ランチ) 4,360円
 これも今月は少なかった… 旦那さんが留守がちだったから。


・交際費 16,266円
 義姉宅への往復数回、息子への食品送付

・医療費 10,264円
 全て私の出費;  内科受診(診察、2ヶ月分の薬とサプリ)、健康診断のオプション


・ガス 7,794円(プロパン)   真冬は1万超えになる; これは11月分。

・電気 2,439円  何故か激安… これも11月分。

・水道 7,965円(2ヶ月分)


この他の支出としては、ここの家賃、千葉の自宅維持費、個人的に入ってる保険各種、車関係、通信費等がある。

今月は、車関係で大出費だった。(タイヤ交換、ブレーキパットとオイル交換)

そして…、一括払いでiPhone二台買い替え~; ぎゃ~~っw(゚o゚)w

旦那さんの浪費も、相変わらずだ。(金額不明)


反省点

私は何も無いわ…

こんなもんでしょ;

iPhoneは、それぞれ4~5年使ってて、壊れかけてたから… しょうがない。

旦那さんのは何度か落としてて変形してたし、私のはバッテリーがダメになってたし、動きもおかしかった。

車関係も、しょうがないね。

福岡への往復に関しても、義母の大腸がん絡みだから文句は言えない。(これから先も…)

しょうがない。

なんだかんだで、今月は大赤字~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
2019_12_25


義姉は子どもが三人いて、♂二人は家を出ている。(長男は既婚、次男は未婚)

残ってる娘(もちろん未婚)に、「私も、そろそろ家を出たいんだけど…」と言われたようだ。

寂しいだろうと思うけど、反対はしないみたいだ。

うちの息子も、4年前に家を出た。


未婚の息子と義姉の次男は、1Kのコーポみたいな所に住んでいる。

両方とも駅近で便利な所だ。

息子は市川(千葉)、義姉の次男は博多…

二人とも快適らしい。


旦那さんも、18歳から一人暮らしをしていた。

横浜だ。

早く家を出たくて遠方の大学に進んだぐらいだから、やはり快適だったようだ。

学生専用ボロアパートだったらしいけど…


私も一人暮らしをしてみたかったけれど、親に猛反対され、「結婚以外で出ていくことは許さない!!」と言われた。

そういう時代だった。

「一人暮らししてる♀は、生活が乱れてるんじゃないか?」と、偏見の目で見る人が多かった時代だ。

会社も男女不平等で、一人暮らしの♂には独身寮があったのに、♀にはなかった。

原則として♀は自宅通勤、正当な理由があって一人暮らしの場合でも何の補助もしない…ということだった。


40代までの私は、「若い頃の一人暮らしは楽しそうだけど、この年代以降の一人暮らしは寂しいだろうな…」と思っていた。

でも、一人で自由気ままに生きてる人たち、一人を楽しんで生きてる人たちのブログを読み、考え方や気持ちが変わった。

殺伐と暮らしてたり、鬱々と暮らしてる人のブログではなく、自分が好きなものだけに囲まれて、日々の暮らしを大切にしてる人たちのブログ。

経済的にも少々の余裕があり、人生を楽しんでる人たちのブログ。

「一人になることがあっても、何とかやっていけそうだな…」と思わせてくれる。


子ども三人ともいなくなってしまう義姉は寂しいと思うけど(そのうち義母もいなくなるし…)、出歩くことが大好きな人なので、直に慣れるだろうし、大丈夫だろう。

旦那さんは「夫婦だけになっちゃったら、寂しいだろうな…」と心配してるけど、ウチだって夫婦二人じゃないか。

わんこもいるけどね。

子どもは巣立つ。

子どもが強く望んだのなら、その時期が来たのだろう。


息子からは、「ロハコ、届いたよ。ありがとう(^ω^)」というLINEが来た。

本人にとって快適な暮らしで、元気なら、それでいい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

2019_12_25


またテレビのニュースでやってた。

少子化の加速が予想以上だということ、今後もどんどん進んでいくこと…

ニュースでは、その理由について色々言ってた。

職場の子育て支援環境ガー、保育園の数ガー、教育費ガー、云々… 言ってることは、いつもと同じだ。

もちろん、これらも大きな理由だろうけどね。


根本的な問題は他にもあるんじゃないかな。

夢が無いからだよ。

今の日本には夢が無い、今の日本人には夢が無い。

夢がある人でも、夢より不安のほうが勝ってる。

政治不信、地球環境悪化、大震災、経済の停滞、年金制度や健康保険の危機等?


夢が無く、不安と諦めが大きいから、出産というリスクは避けようとするし、自分のことしか考えられない。

自分自身の一生を何とかするだけで、精一杯なのだろう。

子どもは自分の面倒をみてくれる存在ではなくなったし、自分の人生を脅かすような人間になるかもしれないリスクもある。

共稼ぎの場合、どうしても女性の負担が大きくなる。

それでも【産みたい】、全てを受け入れる覚悟を持って【産みたい】

そう思う女性が激減した。

女性だけではなく、男性もそうかな?

結婚まではしたとしても、片方が【子どもは要らない】と言えば、持てないよね。


個人的には、産める人にはどんどん産んでほしいと思う。

ホント、個人的な理由だけどね。

私らの世代は、減らされるけどギリギリ生活できるぐらいの年金は貰える。(厚生年金)

我が子の時代は完全にムリでしょ。

年金制度の破綻はないとしても、今より更に3割減、もしかしたら半分ぐらいになってて、完全な払い損だ。

受け取れるのは、生活の足しになる程度の金額だろう。

息子が可哀想だ。

息子の世代を支えてくれる子どもたちの存在が必要だ。


少子化がどんどん加速し、年金がどんどん減るにつれて、私は節約を強化していく気がする。

旦那さんが無職になったら、何らかの強制手段を使ってでも浪費を止めさせるつもりでいる。

少なくとも、息子への遺産だけは死守するだろう。

もうさ、【子どもには、お金を残さないほうがいい】なんていう時代は、私たちの世代で終わるんだよ。

そういう価値観は少数派になり、【なるべく残してあげたい、残せるものなら残してあげたい】と考える人が増えていくと思う。

日本が、そういう方向に変わっていってしまうんだ。


しかし、頭の良い人や物事を深く考える人ほど、子どもを持つことを躊躇してしまうのではないだろうか?

大金持ちならともかく、一般庶民はね…

桜おじさんが何とかしようとしたところで、少子化はもう止まらないと思う。

今の何倍も子育て世代を優遇したとして、やっと今のレベルを維持出来るか?出来ないか?ぐらいかな。

そこまでは優遇出来ないだろうしね。


この国は、どんどん外国人比率が高くなるだろう。

そのうち、日本人の数を上回ってたりして~

政府がその状態を許さないと、日本は滅びてしまうかもしれないよ。

マジメな話、子どもの習い事は語学がいいと思いますわ(・ω・)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
2019_12_25


11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

こいん

Author:こいん
夫婦二人暮らしの熟年専業主婦。

趣味は『株の短期売買、ネット徘徊、読書、わんこ手作り食』

大事なものは『わんこ含む家族』

小さな幸せをいっぱい感じられるような心になりたい。

熟年~老年は、のんびり平穏に暮らしたい。

説教も忠告も叱咤激励も嫌いで、向上心はありません。

『空、海、風』を感じさせるような人が好きです。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

フリーエリア

フリーエリア




page
top