FC2ブログ



姑以外の人たちは…

義姉は、まだ働いてる。

義母が危なくなったら、直ぐに長期休暇を取れることになってるらしい。

自分の身体も不安になり、胃と大腸のカメラを受けてきたらしい。(異常無し)

私と同程度に痩せている。(義姉家族は、全員スリム… デブは、うちの旦那さんだけ~)

義姉の旦那さんも、嘱託でまだ働いてる。

私と同じ糖尿病で、最新のHba1cは7.6だとか… 「糖質制限すれば? せめてプチレベル程度は…」←口には出さない、私の心の声。


甥っ子は、ブラックだった前の会社を辞めてから数ヶ月… ようやく納得できる程度の会社から内定が出たようだ。

「こんな時期だし、これ以上高望みしても難しいと思うから…」と言ってた。

お盆明けから出社。

博多で一人暮らししてる姪っ子は、自宅マンションから徒歩10分ぐらいの会社で働いてる。(事務系)

「コロナ絡みでヒマになっちゃって、給料泥棒状態です~;」と言ってた。

長男は結婚したけれど、この二人は結婚する気配無し… 現在は、彼氏彼女もいないようだ。

姪っ子は、外見的にも性格的にもイイ線いってると思うけど、結婚願望はサラサラないようだ。


人間大好きなきょろちゃんは、みんなに囲まれて大興奮~、(^ω^)しながら次々と抱きついて愛想を振り撒き、可愛がられていた。

ちょっとでも撫ぜてもらえると喜んでしまい、その人の顔や手をペロペロなめまくるので、これは嫌がられていたかも?;;

泊まりの旅行は何度も経験してるし、車酔いしたこともなく、今回も元気に過ごせた。

海を見たり、日陰が続く山の遊歩道を歩いたり、楽しかったみたい。
IMG_E2268[1]

部屋から、直ぐ外に出られるようになってる。
わんこOKの宿(部屋)は、だいたいそうだけど…
IMG_E2223[1]

部屋は、どうってことのない洋室… 一部屋にベッド3つ、テーブルとイス、バスルームだけ…
料理は最高レベルだったけど、それ以外は普通かな。
きょろちゃんはベッドに上げず、床で過ごしてもらう。
粗相しないように、オムツ着用;
IMG_E2225[1]

IMG_E2264[1]

IMG_E2227[1]

人間たちがごはん食べにいく時は、クレートに入れられてお留守番…
ごめんね;
IMG_E2238[1]


夜はライトアップされてる。
各コテージは、こんな外廊下で繋がってる。
夜も、宿の敷地内を散歩させてあげた。
IMG_E2257[1]

IMG_E2256[1]

帰宅後は、きょろちゃんもぐったり…
興奮しまくりで睡眠不足だったしね; お疲れ様~☆彡
食欲は、旅行中も帰宅後も変わらずスサマジイ… 食べるために生きてるみたいなコ;
IMG_E2271[1]


とりあえずヨメの義務?を果たし、きょろちゃんも楽しませてあげられたので、良かったんじゃないでしょうか…

姑からも感謝されたし。

この時期の団体旅行については、行って正解とは言い難いけれど…

他にも、団体さんが何組かいたよ; 

カップルさんたちもいた。

あとは、感染していないことを祈るだけです(;´Д`)
2020_08_10


疲れたわ。

もうクタクタですわ。

でもね、覚悟してたほどのことはなかったの。

コロナ騒ぎでしばらく会ってなかった姑は、ゆっくりだけど歩けるし、強い痛みも無いようだし、身の回りのことも自分で出来るし、ちょっと手を貸すぐらいで済んだ。

末期がんの宣告から半年以上経つのに、不思議だよね。

年寄りの癌って、こういうパターンも多いのかな?

大腸は閉塞一歩手前だし、肝転移・腹膜転移も深刻な状態なので、いつどうなってもおかしくないし、たぶんそれは急に起きるんだろうけど…


義姉も、コロナにはかなり神経質になってるようで(姑が感染したらオワリだし、旦那さんは私より重度の糖尿だから)、リビングの入り口には消毒スプレーがあり、甥姪はずっとマスクをしていた。

やはり、私と同じようにコロナは怖いのだ。

【呼べる身内は呼んで、お母さんを旅行に連れていきたい…】という思いが、それを超えたのだろう。

(最後になるであろう)姑の誕生日だったので、祝ってあげたかったのだと思う。


移動は、ここから義姉宅までも、義姉宅から宿泊地までも、車… 他人からの感染リスクは無い。

モンダイは宿だ。

従業員、他の宿泊客たち… けっこう多い人数と接触してるし、同じレストランや大浴場を使用してるので、どうだか…

一週間ぐらい経たないと分からない。


昨日と今日は、糖質制限お休みする破目になりました。

ムリだね、やっぱ。

糖質制限なんてムリな状況だった。

開き直って、この二日間はお休みすることにした。

この二日間で食べたもの、全部は載せられないけど、主なものだけ載せておきます。


土曜日の昼ごはん、カフェランチの後で義姉宅へ向かう…
IMG_E2220[1]

私は魚コースを選択
副菜は、厚揚げ焼き(野菜、トマトソース)、切り干し大根煮、サラダ(玉葱ドレッシング)、粕汁、雑穀ごはん
ごはんは、旦那さんに半分あげた。
IMG_E2219[1]


宿の夜ごはん(これ以外にも何品かあったけど、おなかパンパンで食べられず、撮らなかった…)
写真は全て拡大できます。

自家製ローストビーフ、ジュンサイ等の吸い物
IMG_E2241[1]

刺身が自慢の宿なので、超新鮮でぷりっぷり~(赤いのは梅肉)
IMG_E2242[1]

生きてます、びくびく動いてます、きゃ~; 甘くて美味しい。
大きいのが二皿(二杯)あって、分けて食べた。(もちろん自分の箸は使わず、みんな取り箸で…)
IMG_E2245[1]

トマトグラタン
くり抜いたトマトの中に、きのこたっぷりグラタンが… 美味しいけど、綺麗に食べるのはムリで、ぐちゃぐちゃに;
IMG_E2247[1]

アカモクスープがけ茶碗蒸し
文句なしの絶品…
IMG_E2249[1]

小鯛の煮付け
これまた美味しいけど、骨が多くて、トマトグラタンと同じく、ぐちゃぐちゃに…
IMG_E2250[1]

アナゴの天ぷら
お腹が苦しくなってきてたけど、美味しいので食べてしまう…
IMG_E2253[1]

ここで、おなかが苦しくてギブアップ… この後の二品(イカ焼き、イカの天ぷら)、ごはん・味噌汁・漬け物はパス… デザートだけ食べる)
なんでイカばっかりプラスしたんだ? イカだらけ~っっ!! (コースを決めたのは、イカが大好物で大食い大王の旦那さん)
…主役の姑は、末期の大腸がんで、わずかしか食べられません。

杏仁豆腐
死ぬほど美味しい。
IMG_E2255[1]


旦那さん以外は、胃が苦しくて翌朝まで引きずる破目に…


朝ごはん
この後も、何品か追加で出てきたけど、撮り忘れた。
撮り忘れたのは、鉄板焼き、ごはん、味噌汁、デザート(フルーツヨーグルト)
品数多い和食ですね…
IMG_E2265[1]


昼は義姉宅で冷やし中華だったし、佐賀に戻った今夜は疲れ果ててセブンで買い込んだし、糖質制限?何それ?みたいな二日間になってしまいました。

明日から仕切り直し~;

ちなみに、夜ごはん前の空腹時血糖値は問題無し、急激な悪化はしていないみたい… 今のところは。
IMG_E2270[1]
測定器は持参せず、帰宅するまでは測ってないけど、とんでもねー状態だったと思われます…

長くなりすぎたので、続きはまた明日(;´Д`)

2020_08_09


コロナ第二波が本格的になり、東京隣接地域の千葉在住→都心の職場まで地下鉄通勤…の息子が心配で、LINEしてみた。

いつも返信はしてくるものの、超短文だ。

今回も、「変わりないよ。大丈夫」だけ…

ちょっと迷ったけれど、糖尿病になってしまったことを伝えた。

「薬は飲んでるの?」とだけ、聞いてきた。

こちらも数行で軽く説明して、おしまい。


体質は遺伝する。

親が罹った病気は気を付けなければいけないので、息子にも気にしてほしいけど… たぶん気にしないだろう。

幸い、家族性高コレステロールは遺伝していない。

糖尿体質はどうだか…

私と同じく、痩せ型。

それも、かなり痩せていて、身長170cmぐらいで、52~53kgしかない。

私と同じように悩んでいて、ジムに通ったりしていたけれど、太れないままだ。


若い♂の一人暮らし… 色々と悲惨だろう。

就職してから自立し、1Kのコーポに住んでいる。

料理できないので、食事は定食屋みたいなトコで食べるか、お弁当やお惣菜を買うか、どっちからしい。

ごはんだけは炊いてると言ってたけど、今はどうだか…

こんな生活を続けていると、そのうち糖尿病やら何やらの病気になってしまうんじゃないか?…と心配しつつ、もう何もしてあげられない。

再び同居することは、99%ないだろう。


職場の検診で、年に一度は血液検査を受けてるようだけど、私はその結果が気になって仕方ない。

いつも、「今年の検診はまだなの? どうだったの?」と聞いてしまう。

きっと、うるさい、うざい…と思われている;

本人は血液検査の結果になんて無関心で、「忘れた、よく見てない(-ω-)」とか言ってるしね。

今のところ病院に飛び込む必要がある異常値はないってことだろうけど、私はHba1cやコレステロール値が気になって仕方ない。

ゴミ屋敷になっていないか、給料のやりくりや貯金は出来てるのか…みたいなことも気になる。


過保護すぎだってか?

このこ、軽度発達障害だからね… 人並に出来ないことが、あれこれあるんよ…

その部分が心配なんだよね、親としては。

そんなことよりも、今はコロナ感染が心配だけどね。

会いたいけど、もう半年以上会ってないし、当分は会えないかもしれない。

同居してた頃、このこが私にとっての精神安定剤であり、支えだった。

それを失い、私は巨大な虚無感に押しつぶされてしまうことになり… きょろちゃんを迎えて、今はきょろちゃんが精神安定剤であり、支え。

息子は、心身共に元気でいてくれれば、それでいいです。
2020_07_29


糖質コントロールじゃなくて、夫婦絡み…

旦那さん、ゴルフに出かけたのよ。

県内ならまだしも、コロナが再び増え始めた福岡まで…

でもまぁ、このぐらいまでなら、いつものことだ。


時間ギリギリまで何の用意もせず、グズグズしてて、車で迎えにきてくれた人を10分以上待たせたのよ。

乗せてってもらう立場なのに、非常識じゃない?

この人、誰かを待たせるのは日常茶飯事なんだよね。

飲み会の集合時間にも、いつも遅れていく。

時間になってから、出ていくんだ。

結婚前の待ち合わせでも30分ぐらい平気で遅れてきたし、時間通りに来ることのほうが少なかった。

今だって、時間なんか全然守ってくれない。

それを悪いことだとは思っていない…というか、ほとんど気にしていないようだ。

今日もね、なんの関係もない私がドタバタと水筒やらタオルやらを用意して、手伝って…(待たせてる人に申し訳なくて)


なんでこうなの?

注意すると、逆ギレするし… 言っても、右から左で全然聞いてない。


相変わらず、金遣いも荒い。

飲み会や外出は多いし、ゴルフも行くし、アマゾン等からアレコレ届くし…

これらも、言うと怒る。

数倍返しの反論や屁理屈を並べられて、喧嘩になる。

マジ切れすると、こっちがボロボロになるようなモラハラ発言を連発される。(自分では、モラハラだと思っていないらしいけど)

好きな人はいないと思うけど、【人に何かを言われる(注意、忠告される)】ってことが死ぬほど嫌いな人だ。

分かってるから、なるべく言わないようにしてるけど… 一緒に暮らしてれば、言わなきゃならないこともある。

止めてほしいことや、拒否したいこともある。


こういう性格って、じじぃになったら更に酷くなるんじゃないだろうか?

そうなったら、一緒にいられるのかな…

かなりのストレスだよ。

やっぱ、退職してずっと家にいるようになったら、それぞれの自室は絶対に必要だよね。

毎日ず~っと同じ空間にいるとか、ありえない。


疲れるわ~… 色々と。

今も、今後のことアレコレも…

グチグチな週末でした(-ω-)/
2020_07_18


大腸がん末期で、寝てることが多くなったらしい姑…

旦那さんは、また福岡に様子を見に行ったんだけど、なんと… 「最後に家族旅行をさせてあげたい」とのことで、宿も予約してしまったらしい。

おいおい、おいおい(@_@)

姑にとって、負担が大きすぎるのでは?

移動時間をなるべく短くということで、姑が住む福岡県内、わんこ連れOKらしい宿だ。

つまり、私ときょろちゃんも行くということだ。

義姉夫婦も一緒に行くらしい。(福岡にいる甥姪も…)


状況が状況なだけに、私は何も言えない。

本人と義姉と旦那さんが「行く」と言ってるんだから、行くしかない。

しかし、移動や現地での食事は大丈夫なのか?

腸閉塞寸前なのに、宿で閉塞したらどうするのか?

不安は大きい。

我が家の車に乗せて行くことになるので、私は、姑の様子見ときょろちゃんの世話で疲れ果てそうだ。

来月はじめ、一泊で…


姑は幸せだと思うよ。

女性の平均寿命まで大病も大きな不調もなく元気に生きて、実の娘家族と同居していて、色々心配されて、介護してもらって、最後の最後まで我が子や孫に囲まれて、至れり尽くせりで…

もし私が80過ぎまで生きてしまったとしたら、こんなことは望めない。

下手すりゃ孤独死で、発見されるまでに数日かかるかもしれないよ。

大腸がんになったことは気の毒だけど、可哀想だという気持ちはあまりなくて、「お義母さん、幸せな人生だったよね?」と思う。


とにかく宿は予約してしまったとのことなので、その日まで、旅行から戻るまでは、大丈夫であることを祈るしかない。

は~、しかし… 不安だわ(´・ω・)

大人が何人もいるので、みんなでフォローしながら何とかなるかもしれないけどね…

車に同乗する私、同室で寝る私(義姉家族は4人で行くので、義母は我が家と同室)が、一番大変そうだわ(;´Д`)
2020_07_14


07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

こいん

Author:こいん
夫婦二人暮らしの熟年専業主婦。

趣味は『株の短期売買、ネット徘徊、読書、わんこ手作り食』

大事なものは『わんこ含む家族』

小さな幸せをいっぱい感じられるような心になりたい。

熟年~老年は、のんびり平穏に暮らしたい。

説教も忠告も叱咤激励も嫌いで、向上心はありません。

『空、海、風』を感じさせるような人が好きです。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

フリーエリア




page
top